サッカーで稼ぐことができるブックメーカーについて

お金

ブックメーカーは、海外で行われているギャンブルです。特徴は、あらゆる事象を対象としている所にありますが、主にスポーツが人気です。

特に、サッカーは欧州で一番人気のスポーツで、世界中にファンがいる一流のリーグをいくつも抱えているため、ブックメーカーでも人気の投票対象です。そして、自分の腕次第では、サッカーで稼ぐことも十分可能です。

可能な理由としては、まず、配当率が高いという点が挙げられます。ギャンブルは、胴元の取り分が多いほど、客側の利益が少なくなります。つまり、トータルで見れば、必ず胴元が勝てるようになっています。

しかし、取り分が少なければ、客によってはプラスで終われる可能性が高まります。ブックメーカーは、配当率が90パーセント台後半なので、まさにこの条件に当てはまります。

その他、切り口が豊富であるため、研究をすることで予想精度を高めることも可能です。以上のように、ギャンブルとしてみればブックメーカーは優秀なので、サッカーで稼ぐことができるのです。

サッカーに投票するブックメーカーは大人の遊び

男性

ブックメーカーは、サッカーの試合観戦の楽しみを増やす、大人の遊びです。オッズを見ながら投票先を決め、当たれば配当を得ることができます。ギャンブルであるため、リスクは自己責任で負わなくてはなりませんが、予想が当たったときのリターンは自分の者となります。

その喜びは格別で、スポーツ観戦をするという楽しみとはまた別の楽しみを提供します。そんなブックメーカーですが、単純にギャンブルとしてみても、優秀です。

配当率が96パーセント以上と言われており、これは同種のブックメーカーの60パーセントと比較してみてもその高さがわかります。そのため、初心者でも安心して始めることができるでしょう。

選択肢の幅が広く、複雑な予想も可能という点も、大人の遊びである特徴です。勝ち負けははじめやすいですが、イエローカードの枚数、PK予想など、一つの局面に限られない予想方法が用意されています。

自分なりの研究が役に立つこともあります。まさに、大人の遊びと言える要素です。

観戦準備

ブックメーカーにおけるサッカーの歴史

サッカー

ブックメーカーはもともとはイギリスの競馬場から始まった遊びです。

始めは競馬にはそぐわないという意見もありましたが、ブックメーカーの人気は広がり競馬はもちろんそれ以外にもさまざまなスポーツが賭けの対象にされるようになりました。そのひとつがサッカーです。

サッカー発祥の地であるイギリスにとってクリケットと同様に古くから親しみのある国民的スポーツが賭けの対象となり、しかも国民に支持されてどんどん広がりを見せているということで、イギリス議会は取り締まるのではなく法を整備することによって健全な運営を促す方針を打ち出しました。

そして、1960年代に政府の定めた条件をクリアすることで運営を認めるライセンス制を導入しました。これが今のブックメーカーの歴史の始まりです。

現在では大小さまざまなブックメーカーがサッカーの試合を対象としたさまざまなオッズを用意しており、いろいろな角度から試合を楽しむことができるようになっています。